自分の人生とかメンタルとか鬱とか

自分の人生とかメンタルとか鬱とか

前回メンタルの調子が悪すぎるってブログを書いてから1ヶ月経った。長かった。

コロナ禍の最近のメンタル事情とか

前のブログを書いていた時は家に普通にいる時でも散歩している時でも突然悲しさで涙が溢れて止まらなくなってしまってどうしようもなく気持ちがある程度収まるのを待つというそんな感じだった。
体重も5キロ減った。夜不安に襲われる時にひたすら散歩していたからかもしれないけど。

今も泣いてしまうけどそんな溢れでるのを抑えられないほど泣くってことは少なくなった。

でも楽になったかというとそうでもなく
落ち着いたけど悲しみの総量としては変わってないという感じで苦しい。

昼間も夜も今はずっと心が重く不安定でグラグラしていて気持ちが悪い。苦しくて薬飲んで少し落ち着けている。
無気力な日も多いけど何もしていないと悲しいことばかり考えてしまう。

数ヶ月前までは最近メンタル安定してるなって思っていたのに、私生活で悲しいことが重なり一気に過去最大に崩れてしまった。

自分の心の弱さは以前からずっと認識していたことだから、苦しんでいたにせよ今さら深く捉えたりはしていなかったけれど想像以上に一気に崩れた。きっと一生付き合っていかなければいけないことで嫌になるしついいろいろ考えてしまう。

心の弱さのベースになっているのはきっと自分が生まれもったものとあとは家庭環境が悪かったこと。
ヒステリー同士の母親と父親の元に生まれたので日常的にケンカばかりで普段は優しくても完全に人が変わって大声で怒鳴りあい包丁は出てくるし恐ろしかった。本当にどちらか死ぬんじゃないかと思ったし警察も何度も来た。
結局小学校低学年の時に離婚して母親と姉と暮らすようになった。

関係ないけど父親も父親で朝仕事に行く前によくトイレで吐いていて、みんなストレス抱えてたんだなって当時はそこまでわからなかったけど後から思い出して感じた。

母親も典型的な毒親で離婚してからは以前は父親に向かっていた矛先が自分のところにくるようになった。「お前が生まれたせいでみんな不幸せになった」というような言葉の暴力を日常的に受けていたし、当時は本当にそうなんだと信じていた。
自分の自己肯定感の低さはやっぱりある程度ここが原因だとは思う。
限界で父親の元に逃げ出そうとすると、普段はすぐ出て行けというくせに出ていくんなら死ぬといいロープを出してきて目の前で自殺しようとしていたこともあった。

母親にはそれからもずっと苦しめられていたけれど、残りの心の弱さや鬱に繋がる部分はほとんどが自分が原因だと思う。

大学中退したこと、再受験失敗したこと、吃音(どもり)に苦しんでいたこと、引きこもっていた時間、上京してからの孤独で自己嫌悪を積み重ねた日々、人間関係・恋愛関係、アプリヒットするまでの孤独で苦しい時期、どうぶつタワーバトルがヒットした時に無理したこととその後の苦労とか、

いろいろあるけれど全部自分が選択してきたことだから後悔もない。

だから大半が自分のせいだけど今の心の弱さと鬱が苦しい。

母親のことも恨んでいた時期はあったけどこんな社会で子供二人育てながら生きていくのは本当に大変なことだと思うのでもう今はあまり感じていない。産まれてこなかったらと思うと怖いので感謝もしている。関わりたくはないけれどちゃんと自分の人生楽しんでいて欲しいと思う。

別に不幸自慢がしたいわけでは全くなく、自分より辛い人がたくさんいるのは理解しているし、自分は恵まれていると思っている。

ツイッターで流れてきたこの方のツイート見てなんだか気持ちがわかるなと思った。

自分も作ったどうぶつタワーバトルというアプリが本当にたくさんの人に遊んでいただいた。今でも信じられない気持ちになるし幸せだと思う。

友達にも恵まれて数は多くないけれどいい友達ばかり。

傷つけられたりしたこともあるけど、自分もたくさんの人傷つけてしまっていて誰のことも恨んでいない。

仕事環境もシェアオフィスに入ってからは孤独からは遠ざかり、真面目に前向いて頑張っている方々と仕事できている。

自分が大好きになった人にも大好きと言ってもらえて一緒に過ごすことができたし幸せだった。結局うまくいかなかったし悲しかったけれど、その子が幸せならそれでいいなと思う。

以前に比べれば充分すぎるほどに恵まれているのにこんなに毎日悲しくて苦しくなってしまうことに絶望してしまう。つかれた。

昔から感じていた苦しい心の満たされなさみたいなものって、自分が好きな仕事見つけて頑張れたり、ちゃんとお金を稼げるようになったり、誰かに愛されたり、自分のこと愛せるようになったり、そんな風にしたら満たされるんじゃないかって思っていたけど、自分本来のものとして付き合っていかなければいけないもので多分一生満たされないんだなってなんとなく最近やっとわかった気がする。

4月も5月も地獄のようだった。

もっともっと前に進んで行きたいけれど気持ちがどうしても上がらず悲しみばかりで苦しい。気分転換にいろいろしてみようかなと思っても終わった時反動で余計に気分が落ちてしまう。

毎日夜薬飲んで布団に入って眠気が来るのを待ちながら今日もなんとか生きててえらかったって自分で思いながら過ごす日々。明日もどうせ苦しいのに。

6月は少しでも気持ち上向いてきていろんなこと少しずつ楽しめるといいなーと思う。

なんでこんな誰にも言っていなかったことをいきなり書き散らかしているんだろうと自分でも思ったり、本当に情けないなって思ったり、いろんな人に心配かけるの嫌だなと思ったりもするのだけど、きっと吐き出すことで前向こうとしているのだと思います。